失業手当はいくらもらえるの?新卒3年間仕事した僕が受け取れる失業手当の金額とは?

僕は、大学を卒業して3年間会社に勤務しました。

そして2018年3月をもって自己都合退職をしました。

失業手当の受給額は、

その人が「自己都合」か「会社都合」

で退職をしたかによって、給付時期と金額が異なりますが

僕の場合、自分の意志で会社を辞めた

自己都合退職でした。

自己都合退職の場合、

給付条件は直近2年間中に12か月以上雇用保険の被保険者でなければなりません。

つまり、仕事を辞める前の2年間で12か月以上仕事をしてなければ手当はもらえません。

3年間会社勤めして、

自己都合退職した僕が受け取れる失業給付額

についてご説明します。

僕の給与額と、失業手当額

手当額は、その人が会社勤務をしているときに

どれくらいの給料をもらっていたか

によって決定がされます。

僕の場合、額面給与が月25万円。

社会保障料などを差し引いた手取り額は20万円ほどでした。

そんな僕が受け取れる失業給付額は

日額5,564円

なので

1か月の給付額は

5,564円×28日間(4週間分)の15万5、792円

※土曜日・日曜日・祭日も日当額に含まれます

僕は「自己都合」での退職だったので

初回手続きをしたのち、

3か月弱の間は、給付制限期間となるので

失業手当の支給がありません。

そして僕の場合は、手当支給額が90日分

3か月の給付制限が終わったあとから

90日分の失業手当がすべて支給されるまで

4週間(28日間)に一度ハロワークに行くことになります。

初めてハロワークに行って手続きをしてから

最後に認定日に行くまで約7か月間になり

支給される手当額の総額は、50万760円になります。

ちなみに

僕のハロワ書類「雇用保険受給資格者証」内の離職理由に「40」と記載されています。

これは、

正当な理由がない場合自己都合退職

というと意味で、

・残業時間が多すぎだったり

・業務内容が大幅に変わったため

等による雇用主に起因する理由によって退職したのではなく

ただ単に仕事を辞めたかったから辞めた、といういう人に付けられる番号です。

まとめ

新卒で3年間会社務めして

額面給与額が25万円だった僕は、

ハロワで初回手続きをしてから、3か月間は失業手当の給付ありません。

その給付制限が終わったら、月10数万円ほどの支給になります。

そして給付の合計金額が約50万円となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする