動画編集・ブログ・ウェブを始める!クリエーター初心者の僕が選んだドスパラPCのすすめ

一年前の2017年8月

動画編集に興味をもって

パソコンを新しく買いました。

ネット情報や、家電量販店での店員さんと話をしたりと

いろいろな手段でパソコン事情についてリサーチしました。

調べ始めたての頃は

値段が一番重要だと考えてたけど

僕がそのパソコンで何をしていきたいのか

ということを明確にした結果

・値段も重要だけど

・できるだけ良い性能で

・ストレスなく動画編集など作業してくれるパソコン

ということがポイントになりました。

学生時代に、家電量販店で買ったパソコンを使ってましたが

不要なソフトが最初から入ってて

起動が遅かったり

ワードとエクセルを同時に使うだけで、フリーズしたことがあったので

サクサク動いて

動画編集などの重い作業もできるパソコンが欲しい

と思いました。

デザインは二の次です。

そして

ベストなパソコンを購入することができました

この一年間

このパソコンで主にやってきたことは

・動画編集 ←PC負荷:

・コーディング ←PC負荷:

・複数のサイト運営 ←PC負荷:

・個人の仕事(エクセル、ネットの同時作業) ←PC負荷:

今回は

・パソコン選びの経緯と

・このパソコンを1年使ってみてどうだったか

シェアしたいと思います。

新たにパソコンを始める方で

動画編集や、コーディング、ウェブ運営などを

使用目的に考えている方

ご参考いただければと思います。

動画編集が目的 ~必要なスペック(性能)を知る~

僕のパソコン使用の第1目的は

動画編集

いろいろなブログや

家電屋の店員さんと話をするなかで

動画編集をするのに欲しいスペック(性能)は

メモリ:16GB

ハードディスクタイプ:SSD

CUP:Core i5 以上

であるということがわかりました。

作業が重いとされる動画編集を

処理できるスペックがあれば

ほかのクリエーター作業も十分にできる

ということ。

動画編集ができる上記のスペック性能が

僕パソコン選びの基準となりました。

BTOメーカーを知る ~スペックをオーダーメイド~

皆さんは、パソコンのメーカーで思いつくのに

富士通や東芝

である場合が多いと思います。

パソコン選びをしている当初

僕も当然、それらメーカーに加え

HP、レノボ、Dellといった商品を中心に検討してました。

しかし

僕の必要なスペックにマッチした商品がなかなかなく

あっても、簡単に20万は超えるほどの金額であるため

予算オーバー

そんななか

BTO

というパソコンメーカーの種類があることを知りました。

BTOとは

Build To Orderの略で

メモリーやハードディスク等の性能を

オーダーメイドできる

というものです。



このBTOの代表格に

Dellやマウスコンピューター

があります。

メモリやハードディスクなどの

欲しいスペックが自由に選べるなら

自分の用途にあったパソコンが買える

ということで

BTOメーカーのなかで

パソコンを選ぶことにしました。

それに

家電量販店でおいているこれらメーカーさんのパソコンには

最初からいろいろな

使う事もないようなアプリやソフトが入ってます。

これがパソコンを重くする原因になりますし

僕にとっては

全く不要なので

無駄なものが入ってないパソコンが欲しかったのもBTOにした理由です。

BTOメーカーを比較 ~ドスパラで購入~

BTOメーカーの主な候補に

Dellコンピューター

マウスコンピューター

ドスパラ

がありました。

そして僕はドスパラのパソコンを買いました。

なぜ、ドスパラだったかといいますと

同じスペックにした場合

デルは価格が高く

米国生まれ

それに対し

マウスとドスパラは国産メーカー

デザインでは

マウスコンピューターよりは

ドスパラのパソコンの方がスタイリッシュでモダン

であったためです。

スペックが同じである以上

これ以外にこだわる点はありませんでした。

買ったパソコン紹介 ~ドスパラで作業がサクサク~

購入したドスパラのノートパソコン ~動画編集中~

僕が買ったドスパラのノートパソコンは

Raytrek VF-HGK 17.3インチ

スペック

メモリ:16GB

SSD:256GB HDD:1T

CPU:Core i7

グラフィックボード:GEFORCE GTX1050搭載

というオーダーにしました。

グラフィックボードはできれば搭載したほうが

動画編集などはよりスムーズに作業ができます。

当初の予算は10万でしたが

自分への投資だ

と思うことにし

高かったけど買うことにしました。

15万7010円

何度も動画編集していますが

スムーズに処理してくれます。



1年経って

ドスパラ公式サイトで本製品を探しましたが

もう廃版でした。

1年間使ってみて ~口コミと評価~

Youtubeで動画を上げていますが

全てこのパソコンで編集しています。

動画編集をしている仲間と

パソコンの話をすることもありますが

彼ら言うパソコンの処理スピードのストレスが

僕にはないので

動画編集に必要なスペックをしっかり備えているようです。

パソコン選びをしっかりして

本当に良かったって思います。

ちなみに

動画編集ソフトは

アドビのプレミアを使用しています。

動画をレンダリングしたり

Youtubeにアップするのには

ネットスピード等との関係もあるので

一概に言うのは、難しいですが

パソコンでの処理は

サクサク早いです。

仕事の関係で

コーディングをしてますが

こちらも全く差支えありません。

一年前は

仕事でコーディングするなんて思ってませんでしたが

今ではしょっちゅうしています。

仕事もどう変わるかわかりません。

あのとき、スペックに妥協しなかったおかげで

今の仕事もスムーズにこのパソコンでできています。

本当良かった

最後に ~決める前に用途を明確に~

パソコン選びについてアドバイスさせてください。

今、パソコン選びをされていて

どのパソコンにすればいいか迷っている方

是非

ご自身のパソコン使用の用途を明確にしてください

パソコンでなにがしたいのか

を箇条書きにするのもいいかと思います。

もし皆さんが

動画編集やブログ、ホームページ、コーディング

などに興味をお持ちなら

僕が買ったスペック程度のパソコンを買うことをおすすめします。

もし、動画編集などをする予定がなくても

いずれ、何かの機会に

ある程度のスペックがないとできない作業を

パソコンですることになるかもしれません。

そして

ドスパラなどの

BTOメーカーでパソコンを買ってください。

これは先述したとおり

余計なソフトがあらかじめ入っていないし

店頭に置く費用がパソコンの価格に含まれてないため

より安く、ハイスペックなパソコンを買うことができる

ということからです。

店頭展示料+作業を妨げる不要なソフト

が入ってて

なぜ高く買わなくてはいけないのか

とクリティカルに思えることでしょう。

今回は

僕が1年前に買った

初期クリエイターにベストなパソコンをご紹介させていただきました。

ご参考いただければ幸いです。

ちなみにこのサイト運営も

もちろんこのパソコンでしてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする